美容外科での施術で肌は更に美白に生まれ変わる

花と女性

美容整形外科での美白

レーザーによる美白ケア

上を向く

肌を白くするためには、自宅での美白化粧品によるスキンケアや、エステサロンでのフェイシャルエステがよくおこなわれています。しかし昨今では、美容整形外科でも美白ケアがおこなわれるようになってきています。 美容整形外科での美白ケアには、主にレーザーが使用されています。色々な種類のレーザーがありますが、基本的には沈着しているメラニン色素を肌ごと焼いてはがすレーザーか、新しい肌細胞の生成を促すレーザーが使われています。前者の場合はシミはかさぶたとなってはがれ落ちますし、後者の場合は新しく誕生した肌細胞によって、シミは徐々に薄くなっていきます。 どちらも手軽に美白効果を得ることができるため、白い肌を手に入れるために美容整形外科に通う人は増えていくと予想されています。

レーザー照射後の注意点

美容整形外科でレーザーによる美白ケアを受けた後は、シミの予防に力を入れる必要があります。なぜならレーザーによって新しい肌細胞が誕生してくる場合にはもちろん、シミがはがされた場合にも、新しい肌細胞が表面に出てくることになるからです。新しい肌細胞は、外部からの影響を受けやすく、その分メラニン色素が沈着してしまいやすいのです。つまりせっかくレーザーでシミを除去しても、それによって新しいシミができるという、本末転倒と言える結果になってしまうわけです。 そのためレーザー照射後は、帽子や日傘やスカーフ、日焼け止めクリームなどを使用して、紫外線から肌を保護することが大事です。また、肌には炎症によってもシミができてしまうので、こすったりしないように気をつけることも大事です。 刺激を与えなければ、新しい肌細胞は白い状態のまま安定し、過度に保護しなくても済むようになります。